ドラッグストアがお届けする花粉症に関する情報サイト

花粉症について

花粉症は、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどと同じアレルギー疾患の1つだと言われています。アレルギーとは、体に入り込んだ異物を撃退する防御反応が、過剰である場合をいいます。

 

アレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲンといい、花粉症の場合は、スギを代表とする植物の花粉がアレルゲンとなるわけです。

 

アレルギーの素質がある人が花粉を吸い込むと、体の中に異物としての花粉(抗原)を撃退するための抗体が出来ます。

 

その抗体は、鼻の粘膜にたくさんある肥満細胞にくっつきます。肥満細胞は、普通の細胞と違った特殊な大きな細胞で、ヒスタミンなどの化学物質をいっぱい持っています。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

そして抗体の量が、あるレベルの量になった時、そこに再び花粉(抗原)が入ると、抗原抗体反応が起こり、肥満細胞は刺激を受けてヒスタミンなどの化学物質を出します。

 

抗体は花粉を無害なものにしようと、攻撃しているのです。そのヒスタミンなどの化学物質が、神経や血管に作用して、花粉症の症状となります。

 

鼻の粘膜の神経を刺激すれば、くしゃみや鼻水になるし、鼻の血管に作用すれば、血管が拡張、鼻の粘膜も膨張して鼻づまりになるのです。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸