ドラッグストアがお届けする鼻中隔湾曲症に関する情報サイト

鼻中隔湾曲症に関する情報サイト

鼻中隔湾曲症の説明の前に、鼻中隔の説明から行いたいと思います。鼻中隔とは軟骨〈なんこつ〉の板と、骨の板とでできています。顔の発育とともに鼻も発育しますが、骨の板より軟骨の板のほうが発育が盛んなので、その違いのために彎曲がおこります。この発育は思春期までが盛んです。軽い鼻中隔彎曲は赤ちゃんにも見られ、年齢とともにその率が上がります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

児童では70%、成人では90%と言われるように、ほとんどの人がある程度曲がっています。したがって、鼻中隔が少し曲がっているだけで、鼻の症状がほとんどない場合は病気とはいえません。鼻中隔が強く曲がっているために、いつも鼻がつまって口呼吸やいびき、においがわからないなどの症状がある場合を鼻中隔湾曲症といいます。鼻血(鼻出血)が出ることもよくあります。アレルギ−性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)があると、その症状はひどくなります。大人の鼻は、ほとんどが多少湾曲をしていますが、 症状がなく治療の必要はありません。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

あまり湾曲が強いと、鼻の空気の通りが悪くなり、粘膜が刺激を受けやすくなったり、炎症を起こしやすくなります。くり返し鼻詰まり鼻出血を起こす場合は、手術をしてまっすぐにします。

 

手術の方法は普通、1週間程度の入院が必要です。入院なしで可能な場合もあります。その場合の手術時間としましては30分から1時間程度です。手術終了後安静にし、点滴していただき2〜3時間休んで帰ることが可能です。

 

薬剤師 募集