ドラッグストアがお届けする開業にあたっての事業計画の立て方に関する情報サイト

開業にあたっての事業計画の立て方に関する情報サイト

事業計画とは開業後、患者がどのくらいくるのか?収入は十分か?費用と利益の見込みは?具体的に統計による診療単価に来医院患者数見込みを掛け合わせて収入見込みをたて、費用も統計指標から経費率を使って医院の支出見込みから利益を算出し、開業後も医院経営がスムーズに運ぶように開業後5年間程度の事業計画を策定します。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

クリニック開業における事業計画は、診療科目毎の単価がどれくらいで、事業に必要な経費がどれくらいで、診療圏調査でどれくらいの患者数を見込めるのか等の条件を加味して、候補の場所がある場合に、どれだけの投資額が必要になってBEP(損益分岐点)が何人ぐらいになるかを見極めることがポイントになります。患者1人あたりの収入は新患の多い開業当初は単価は高くなります。自費が多くなる耳鼻咽喉科はその分も加味した事業計画を立てることが必要になります。診療日数に関しても開業当初はできるだけ多くの日数を開けれるようにした方が良いでしょう。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

また開業計画書を作成する時に、最も重要視すべきは投資総額と資金調達のバランスです。投資金額の総額を土地と建物、医療機器、開業前費用、運転資金という形で算出し、その総額に対して資金調達を行うために開業事業計画書を銀行に提出することになります。 金融機関は、その際に土地と建物の担保価値を大まかに算定するので、担保評価と差額、当該差額に対しての「埋め合わせ」の計画を準備して行く必要があります。 作成した事業計画書に基づき、融資手続がスムーズに受け入れられるためには、事前に担保評価を行って、担保不足がいくら生じるかを明確にしておくことが基本だといえます。

 

薬局