耳鼻咽喉科の開業に関する情報サイト

耳鼻咽喉科とは

お医者さんというと聴診器と額帯鏡(頭につけている小さな穴の開いた丸い鏡)をすぐに思い出しますが、額帯鏡をつけているのが耳鼻咽喉科の医師です。

 

この額帯鏡で光を集め、耳や鼻、喉の奥を照らすと、中がはっきり見え、病気の程度を直接診断する事が出来るのです。

 

耳鼻咽喉科ってきくと内科や小児科に比べてなじみが薄く、なんとなく、受診される時に抵抗をもたれる方も多いのではないでしょうか?耳鼻咽喉科は簡単に言うと耳、鼻、口の中とのど(咽喉)を中心に診るところです。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

耳鼻の疾患@中耳炎

急性中耳炎の原因から説明します。急性中耳炎はまずどこから感染するかからですが、これは耳管経由で感染します。

 

この管は山やトンネルで耳がキュウーンとなったら鼻をつまみ息こらえします時、この時耳にカパッと抜ける鼻から耳に通じる空気抜きの穴です。耳管は耳の中耳(鼓膜の向こうの穴)と鼻の奥を通じさせ 、中耳の空気圧を一定にして鼓膜が振動しやすい状態にする働きがあります。

 

鼓膜は外と中の圧が同じでもっともよく振動するから、聞こえに非常に重要な管です。

 

急性中耳炎はこの耳管経由で鼻やのどの主に急性炎症が中耳に及ぶ状態です。(鼓膜に穴が空いてる,慢性中耳炎でないかぎり耳に水が入っておこりません。) 外耳経由でない, 耳管経由の鼻やのどの炎症の普及と考えてください 。

 

治療についてですが、中耳内で炎症の結果中耳に膿がたまり, たまりすぎると,鼓膜が自然に破れ『耳垂れ』となりますが 鼓膜の破れる前は中の膿が鼓膜を圧迫して結果痛みがあり、そこで鼓膜切開で膿を出すのです。

 

もちろんそこまでひどくない場合は抗生物質で炎症をくいとめ、炎症の自然にとれることを待つ場合もあります。 破れた鼓膜はすぐに修復するので心配ないんですが、鼓膜切開をいやがり、膿をためたままにしておくと, 膿は消失せず結果よく『滲出性中耳炎』に移行して難聴気味になるので, 急性中耳炎での早期発見早期治療が必要です。

 

耳鼻の疾患Aアレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、ある物質に対して鼻粘膜がアレルギー反応を示すもので、くしゃみ、鼻水(水性鼻漏)、鼻づまり(鼻閉)といった3つの症状が挙げられます。アレルギーの原因となる物質には、鼻や口から吸い込むもの(吸入性)、食べものや飲みもの(食餌性)、血清やホルモン薬、抗生物質といった薬物など体内の血液に入るもの(血行性)がありますが、アレルギー性鼻炎では吸入性のもの(室内のごみ、花粉、カビ類、そば粉、小麦粉、動物の飼料、おがくずなど)がほとんどです。ハウスダストアレルギーなど1年を通して症状があるものを通年性アレルギー性鼻炎、スギなどの花粉が原因になっているものを季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と分類しています。

 

アレルギー性鼻炎の症状としては、くしゃみ、鼻水(水性鼻漏)、鼻づまり(鼻閉)が3大症状です。くしゃみは発作的に起こったり、繰り返し起こったりします。花粉症の場合は、発症時期が原因となる花粉の開花期と一致しています。アレルギー性鼻炎が進むと、鼻のつけ根や前頭部がずきずきしたり、耳がつまったような感じ(耳閉感)、鼻がつまって匂いがわからなくなる(嗅覚低下)などの症状もきたします。このほか目のかゆみ、のどの違和感、咳、外気に触れている部分の皮膚炎、頭が重い感じがする(頭重感)などの症状を生じることもあります。